FC2ブログ
<< NEW | main | OLD>>
むすめさんが風邪を引いたので、その友人が代わりに書いています。
大役を仰せつかってしまい、現在ブログ画面に向かってはいても、手が震える有様です。
あまり面白い事は書けませんが、一日だけ、我慢してくださいね。
なお、コメントの返事はまた明日、花屋の娘が行うそうですので、済みませんが暫くお待ちくださいませ。

花屋のブログという事なので、私も彼女に習って、植物の話でも致しましょうか。
育て方などは花屋の彼女の方が詳しいでしょうから、私は別方面から一筆。

彼女がお嫁に貰ったというクレマチス・ペトリエ。
実は私もお嫁に頂きました。
今は花が終わって見事に葉と花柄だけですが、それでも葉っぱがわさわさとしている様は、中々に可愛いです。

さて、このクレマチス、実はClematisと書きまして、語源はギリシャ語の「clema(巻き上げ、つる)」なのだそうです。
言われてみれば蔓系ですものね。
和名では、花びらが6枚ものを「鉄線(てっせん)」、8枚ものを「風車(かざぐるま)」というそうですが、全ての花びらが6枚か8枚か、という訳ではないようです。7枚もあるとか。
7枚のものは何と呼ばれているのでしょうね?
それはよろしければ和歌山にあります花屋で聞いてください。(投げた)

花言葉は「精神的な美しさ、旅人の喜び」
隅々までピンと伸び、大きく開いた鮮やかな花びらが、それを見た者に喜びを抱かせるのでしょうか。
土ぼこりにまみれ、歩き疲れた旅人が見る、密集して咲く目にもまばゆい蔦花。
それはさぞかし特別なものではないかと、思います。

別に私は旅人ではありませんが、この先輩の花が咲くのが、今から楽しみでなりません。
まあ、咲く過程報告は、花屋の娘さんにお願いすることにして。

これを読まれた方にも、特別な花があるのでしょうか。
その花が美しく咲き、その方の心に希望を抱かせてくれる事を願って止みません。
スポンサーサイト



はなやの友人 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

よしもと

Author:よしもと
和歌山でちまりちまりと花屋をやっている、そのむすめのブログです。
いちおう本人も花屋です。

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.