FC2ブログ
<< NEW | main | OLD>>
小さなおうちに、お父さんとお母さんとこどもが一人住んでいました。
お父さんとお母さんは、毎日暖炉の上の秘密の小箱から、何かを持っていきます。
二人がいない間に、こっそり小箱を開けると、
そこには不思議な、鍵がたくさんはいっていました・・・・・・。
子供は鍵を片手に外へと飛び出します。
そのひょうしに持っていた鍵の一つがぽろりと落ちました。
するとどうでしょう。
辺り一面が、なのはな畑になって、一気に春が訪れたのです。
こどもは嬉しくなってたくさんの鍵を手に走り出しました・・・・・・

確か、そんな話が、子供の頃大好きだったんです。
今頃になって、思い出して探してみても、もう無いんですよね・・・・・・。
グーグル先生に聞いてみても無い。
タイトルは確かにこれだったと思うのですけれども。
どこかにないのかなあ。
後、白バラと赤バラ、だったかな。姉妹の話があって、
熊の死体から王子様とか金銀財宝が出てくるって言う絵本が印象に残っています。あれも又代みたい。
こうやって考えると、昔からお花の付く作品が好きですね。私は。
お花やさんも、どんどん季節を先取りしていますから、
まだ寒い頃に、春のお花を売ることも多いです。
これもまさしく、はるのとびらですね。

今回のトラックバックのテーマ。
心に残った絵本・・・・・・。
を、ふと思い出しました。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「心に残った絵本」です。 先日、水谷は、読書の秋ということで本を買いに行きました。忙しいと、なかなか本を読む時間が取れないので最近は、絵本を買うことにハマっています。水谷が心に残っている絵本は『幸福な王子』です。自分を犠牲にする・・・という...
FC2 トラックバックテーマ:「心に残った絵本」


スポンサーサイト



未分類 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

よしもと

Author:よしもと
和歌山でちまりちまりと花屋をやっている、そのむすめのブログです。
いちおう本人も花屋です。

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.