FC2ブログ
<< NEW | main | OLD>>
あっついですね……!
熱中症注意です。
本日は午前中に分けあって除草作業に行っていたのですが、もう、もう……!
辛いことこの上ない……。仕方がないことですが!

午前中と言えば。
水ポテンシャルという言葉をご存知でしょうか。
調べればいろいろ書いてあるのですが、とても難しいのでものすごく平たく言うと、
植物が水を吸う力、というものとなります。
植物が水を吸う力、これは一定ではなくて、
夜明けとともに上昇し、正午にピークとなり、あとは緩やかに下降していきます。
(数値的に言うと、マイナスであらわされるので、正しくは加工と上昇がグラフにすると逆なんですが、解りやすくこう記載しております)(逆さ富士みたいな感じになります)
つまり、午前中がいっぱい水を吸って、午後からはあんまり吸わなくて、夜は全く吸わない、ということですね。
で、ここまではお勉強の話なのですが、
「では、植物の水はいつやればいいのか?」という話になるんですね。
先日講習会でその話を話し合ったのですが、結局結論が出ませんでした……。
というのも、この水を吸う力が大きければそりゃ、いいことは確かなのですが、
たとえば、正午に水をやったとしても、あっという間に土は乾いてしまいますよね。
太陽燦々と照ってますし、植物に届く前に蒸発してしまう水も多いと思います。
フラワーパークヨシモトの苗売り場は、ものっそ日が照るので、朝と夕方と二度の水やりがこの時期には欠かせません。
これが、朝と正午とかでは、絶対明日の朝まで植物の体がもたないんですよね。
なので、お勉強としてはそういうことだけれども、じゃあ、実際いつやればいいの?となると、
うーん、ってなることも多いのです。
難しいですね。
なお、何らかの理由で(水が足りなかったとか)、
夜になっても、この水ポテンシャルが回復せずに0にならずに朝を迎えてしまうと、
(本来なら、日の出とともに0からスタートして、正午に-10(例)とかになって、夜にかけて0へと戻っていくのが、
-5とかで朝を迎えてしまうと)
その地点からまた、水ポテンシャルの通常移動(?)が始まるので、どんどんサイクルがずれていくそうです。
(次は-5から始まって、正午に-15なってしまう)
あんまりよくないんですって。
・……自分で書いていて、なんだかよくわからなくなってきましたが、ざっくりというと、そういうこと。
ちょっと今日は、更新のネタがなかったので、こないだ講習を受けたことを記載してみました。
植物も、学ぶと知らないことがいっぱいあって、まだまだ私も勉強しなければいけません。

あ、冬場は一日一回水やりのときは、午前中にするのがお勧めです。
昼から水やっちゃうと、夜になって温度が下がるので、寒さが苦手な子は風邪をひきます。
特に蘭とかは、朝一番にやるといいそうです。
スポンサーサイト



日常 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2019 >>
プロフィール

よしもと

Author:よしもと
和歌山でちまりちまりと花屋をやっている、そのむすめのブログです。
いちおう本人も花屋です。

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.