FC2ブログ
<< NEW | main | OLD>>
先日、獣医の卵の恋人が、クリスマスローズの話をしていたので、ちょいとクリスマスローズを検索しました。
そうしたら、クリスマスローズ 毒。が、検索キーワードとして出てきたのです。
何事!?と思って検索してみると、出るわ出るわ……。
クリスマスローズには毒があることが判明いたしました。
クシャミ、皮膚炎、水疱、嘔吐、眩暈、不整脈、心臓麻痺……
なんだか、いろいろありますねえ……。
結論:犬にクリスマスローズを掘らせてはいけない。
そうですよ?(誰に向かって言っている)
ネットで調べてみたところ、犬が噛んだだけで下痢をして嘔吐をしたと書いておりましたので、
手の届かないところにおいた方がいいかもしれませんね。
まあ、言うだけなら何ですので、ちょっと葉っぱをかじってみたりもしました。
新芽だけれどもまずかったです。なので直ぐ止めてしまいました。
皆さんもおすすめしません。

普通に育てている分だと大丈夫だとは思いますが、
クリスマスローズを切ったり根をいじった後は、必ず手を洗うことが必要でしょう。
これはスズランやあじさい、トリカブト、ベラドンナ、ロベリアなんかも毒があるようなので、
気を付けないといけませんね。
スポンサーサイト



テーマ : ☆クリスマスローズ☆ - ジャンル : 趣味・実用

クリスマスローズ comments(3) trackbacks(0)


コメント

ちなみに

多肉植物界で言うと、ユーフォルビア属の乳液にも毒があるのは良く知られております。
かぶれたりする方もいるので(僕は大丈夫のようですが)、ついたら手を洗う方が賢明です。
なんてったって矢毒キリンってのがあるくらいですから(うちにもありますけど)。

ああ!

ありますよね。
私も、ポインセチアの液体を触ったりするとちょっと痒くなってしまいます。
やどくキリンって、毒々しそう……。まさにその名の通りですね(笑)

うちでそういえば先日、ハオルチアが、サラダになる多肉植物という名目で入ってきていました。
アロエの仲間ですし、ハオルチアは食べても大丈夫なのでしょうねえ。

確かに

アロエが食べられるなら、ハオルチアも食べられます。
そしてグラパラリーフという名で多肉の葉っぱも食用として売られていたりするんですねぇ。
食べるのは嫌!って方もいらっしゃいますが、すぐ増えるのは葉っぱを食べるのもありかな?と思います。


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
<< 2020 >>
プロフィール

よしもと

Author:よしもと
和歌山でちまりちまりと花屋をやっている、そのむすめのブログです。
いちおう本人も花屋です。

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.