FC2ブログ
<< NEW | main | OLD>>
突然ですが。
我が家にはベランダで育てることになったアジサイがいます。
こんな職業をしている割に、お花を育てた経験があまりない私なのですが、
(家が店の上にありますので、毎日花を見ると言えば見るのですが、自分のために育ててるっていうことはありませんでした)
これは自分で面倒を見よう、ということで、ベランダの片隅に置いております。
私は洗濯物を毎日干すので、ここに置いておくと水やりを忘れません。

F1012287.jpg

このアジサイ。
万華鏡というタイプの子です。
この子なのですが、大体7月ぐらいから、
葉っぱが黄色くなってきて、なんだか色つやが悪いなぁ……。と、思っておりました。
なんか、なんだろう。元気でない子の感じがする。
最初は、初めて外に出したので、葉っぱが焼けていたのだと思っていたのですが、
それはどうも違うぞ……ということで調べてみると、ちょうど肥料をやる時期とのこと。
あわてて固形肥料と、液体肥料を差し上げました。

するといつの間にかこんなに立派にむき向きに育ってきて、
葉も生い茂って肌の色つやもきれい!になったので、
これはもう毎週液体肥料をあげて茂らさねばいけないな!と思っていました。8月ぐらいは。

……しかしある日突然うちの母が、
「って言っても冬に全部落葉するんだから今肥料やっても意味ないんじゃない?」
……と、言いました。
確かに、いくら輝く葉を形成しても、
冬には落ちてしまったら意味はないのか……。
なくなって、消えてしまうのか……。
私のしていることは、全くの無意味だったのか・……。
と思い、しょんぼりしていたら、
私のしょんぼりが伝わったのか、
葉っぱの色つやも徐々に悪くなっていきました(肥料をやらなかったのだから当然と言えば当然かもしれません)


……で、今日ふっと、アジサイについて調べてみたら……。
やっぱり、肥料は9月末までは必要でした!
この間に短期間で育てなければいけないらしいので、速効性をやることが大事、だそうです。
やはり葉っぱも散ってしまうにしても、色つやは大切でした。
ちなみに10月は肥料お休み時期らしいです。しょん。
でも11月中頃から2月末くらいまでは、置き肥料がまた必要になってくるので、
また忘れないようにしなければいけません。
小さくてもいいので、お花が咲いてくれればいいのにな。

なお、剪定は九月中旬まで。この時期以降に剪定すると、花が咲かないことがあります。
(ただ、アジサイ自体は選定がさほど必要な植物ではないです。剪定しないほうが、大きく立派に育つそうです。
剪定は人間の都合に合わせてらしいので、しなきゃいけないってものではないようです)
また、葉っぱの色つやが悪いのは、乾燥や西日に当たるとそうなる可能性もあるようです。

病気とか虫も人並みに出る/付くようなので、注意して見ていなければいけません。

そんな感じでうちのアジサイさんです。
もうちょっと早く紹介したかったんですが、
なかなか写真に撮る機会なく。今になっておりました。
割と毎日私にしてはこまめに面倒を見ているので、
もうちょっと節目節目で紹介したいです。
大きくなったら立派なベトナム製の陶器鉢に植え替えるんだ!
スポンサーサイト



はなやのしごと comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

よしもと

Author:よしもと
和歌山でちまりちまりと花屋をやっている、そのむすめのブログです。
いちおう本人も花屋です。

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.